年寄りイボの取り方

年寄りイボは加齢が原因となり50代頃になると発症をする人は多い

年寄りイボを解説する女性

 

50代頃になると首や顔の付近にイボができてしまうことがあります。

 

年寄りイボと呼ばれ原因は肌の老化によるものです。

 

紫外線ダメージの蓄積や肌機能の低下によって、肌に角質が付着したままとなり、固まってしまいます。
これが年寄りイボの原因となっています。

 

若い人に比べ高齢になるほど、人生で紫外線を浴びている時間は長いですし、代謝の低下など様々な要因による肌の老化を防ぐことはできません。
そのため、高齢になるほど発症をする人が多いので、年寄りイボと呼ばれたりします。

 

ネットではどの部位にあるかによって、首イボや顔イボと読んだりするのも見受けられます。

 

角質が原因となってるイボは良性なのでからだに悪害がある訳ではありません。
ただ、気持ち悪いですし取りたいって人はたくさんいます。

 

あなたも同じようにどうにかしたいと思っているのであれば、参考になること請負です。

 

おすすめの年寄りイボのケアがクリームなどの化粧品を使うこと

 

年寄りイボを自宅でケアする方法としては化粧品・薬・オイルと様々です。
この中でもおすすめとなるのが私も使ったことがあるクリームを使った方法で、効き目を感じている人も多く、金額も安いので人気となっています。

 

薬局やドラッグストアへ行けば、イボコロリ内服錠が販売されていますが、1ヶ月使用をするとなると6000円程度かかり、費用が少し高めとなってしまいます。
錠剤となるので内側からからだ全体治す為の薬となるので、人気の薬ではあります。

 

ただ、年寄りイボや角質粒用の化粧品であれば、価格帯は3000円から6000円と様々ですが、安くケアをすることができます。。
安いから悪いではなく、効き目を実感している人も多く、今までに35万個以上販売がされているものまで様々です。

 

また、年寄りイボのある箇所の皮膚に直接塗ってケアをすることができるのですね。
年寄りイボ用のクリームに関しても薬局などで販売されている薬の成分となっているヨクイニンや杏仁エキスが配合されています。

 

年寄りイボの発生しやすい箇所としては脇を代表として顔があります。
クリームによるケアだけでなく、脇のイボの原因も解消をするとより効果を実感できるはずです。

 

今人気のあるイボのヨクイニンエキスが入ったクリーム

 

最近、人気のあるイボ用のクリームと言えば2種類あります。
アクアビューティーの『艶つや習慣』やメニーナジューの『クリアポロン』です。

 

どちらも共通しているのは、ヨクイニンエキスとあんずエキスが含まれている点です。
特に艶つや習慣は以前よりも配合している成分の量を増やして、リニューアルがされています。

 

そのためか効き目を感じている人は多いですが、肌に合わない人の口コミも見かけることができます。
化粧品は使ってみないと分からない部分もあるので、今までに肌に合う化粧品を探すのが大変だった人であれば、クリアポロンを利用してみてはいかがでしょうか?

 

逆に今まで化粧品でそこまでトラブルになったことがない人であれば、価格も安いので艶つや習慣を利用してみてはいかがでしょうか?

 

この2つのクリームを両方とも実際に使い比べていた人の口コミがあったので、参考になるのではないかと思います。

 

>>>顔や首やまぶたのイボに効く市販薬やクリーム『イボ取りアニマルズ』

 

4つの年寄りイボの自分で取る方法

女性の写真

 

年寄りイボを自分で取るのであれば方法は4種類です。

 

  • 化粧品やクリームを使う
  • 美容オイルを使う
  • 薬や市販薬を使う
  • 漢方薬を使う

 

肌のケアをすることが大事となるので、基本はスキンケアが大事となります。

 

角質粒は老人性イボとも呼ばれ、20代から発症をする人もいますが、40代をこえると発症する人数もどんどん増加します。
その原因には長年の肌へのダメージがかかわってきます。

 

そのため、年寄りイボを自宅で取るためにケアするのに大事となるのが肌力を高めることです。

 

化粧品やクリームでの取り方の特徴

 

化粧品やクリームを使ったケア方法の特徴としては、価格が安く手間がかからないことです。
また、様々な種類が販売されているので、口コミから評判の良いのを選ぶこともできます。

 

年寄りイボのようなぽつぽつのある部分に直接つけることもできるので、発症している箇所のケアをきちんとすることができます。

 

安くても効果を感じている人が多い艶つや習慣などもあるので個人的にはおすすめのケア方法となります。

 

>>>年寄りイボをピーリングやクリームの化粧品でケアをして取る

 

オイルを使った取り方の特徴

 

特徴としては化粧品と同じ分類にはなるのですが、オイルタイプに関しても販売がされています。

 

特に杏仁オイルが非常に人気となっており、含まれているバルミトレイン産が角質を柔らかくする性質があります。
そのため、杏仁オイルを使って年寄りイボのケアをする人も多いです。

 

もっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
>>>年寄りイボをオイルでケア!杏仁オイルなど3種類でのケアについて解説

 

薬や市販薬を使った取り方の特徴

 

大きめのドラッグストアへ行けば大抵は『ヨクイニン錠』か『イボコロリ内服錠』のどちらかが販売されていることが多いです。
特徴としてはどれも錠剤となっているので、飲むタイプとなります。

 

ただ、中には1度に飲む量が6錠と多かったりする薬もあるので、飲み込むのが苦手な人や高齢の人は飲みづらいと感じることもあると思います。

 

イボコロリの液体タイプに関しては足などのウイルス性イボの薬となるので、間違ってもぽつぽつとできる角質粒への使用は厳禁となっています。
液体タイプの薬は皮膚の細胞を死滅させてしまうので、くれぐれも間違えないように注意してください。

 

>>>50代の年寄りイボを自分で取る方法!薬や化粧品を使って自宅ケア

 

年寄りイボを自宅でケアする人は多い

 

年寄りイボやスキンタッグなどを自宅でケアする人は非常に多いです。
艶つや習慣などの化粧品の販売個数が非常に多いことや、種類も様々なのが販売されていることから、感じることができるのではないでしょうか?

 

ケアする方法の種類に関しても様々です。
ただ、どれも共通して言えるのが『ヨクイニン』と『杏仁エキス』のどちらかまたは両方が配合されていることです。

 

年寄りイボやスキンタッグのような首や顔の角質粒のケアに重要と考えられている成分なのですね。
個人的には価格も安く、通院の手間がなかったり効果を実感している人も多いため、化粧品によるケアがおすすめではあります。

 

ただ、病院で手術をして取ってしまいたいって人の為に、皮膚科での手術についても解説していきます。

 

2つの皮膚科で手術をして年寄りイボを取る方法

病院に電話する女性の写真

 

年寄りイボ・スキンタッグ・軟性線維腫は病院で手術をして取る方法が行われています。
主に方法としては2種類あって、『ハサミで切る』または『液体窒素で除去する』のどちらかです。

 

軟性線維腫のようなイボのサイズが大きいものに関してはレーザーを使った方法もありますが、美容皮膚科で行われていることが多く、費用は高額となってしまいます。

 

主に病院の種類としては皮膚科で行われています。
そのため、総合病院や皮膚科での手術となります。

 

ハサミで切る方法の特徴

 

医療用ハサミを用いる方法となります。

 

ハサミを使って年寄りイボと皮膚の接合部分を切り取って除去をする方法となります。
この方法を使った手術をする病院が多いです。

 

痛みや傷跡は残らないように気お付けてはくれますが、跡として残ってしまうこともあります。

 

くれぐれも自分でハサミを使って切るのは皮膚を切りすぎてしまったり、雑菌が混入してしまう可能性もあるので止めましょう。
接合部分のどの辺りを切るのかなど失敗してしまい激痛などのリスクもあります。

 

液体窒素で手術する特徴

 

液体窒素を綿棒などに付けて除去をする方法となります。

 

ちょんちょんと皮膚に付けることによって、皮膚の細胞を凍らせてしまい、ポロリと取ることができます。
軽い痛みを感じることはありますが、激痛を感じるような口コミは見かけることはないです。

 

最近では液体窒素を使って取る病院も増えてはいますが、すべての病院で行われている手術ではありません。
この方法で取りたいのであれば、事前に病院へ確認をしておくようにしましょう。

 

皮膚科の治療費用や通院回数について

 

手術費用や通院回数に関しては病院やあなたの年寄りイボの数などにもよって異なってきます。

 

大抵の病院は1回の施術での費用ではなく、年寄りイボの数がいくつかあるかによって決まったいます。
1個で500円から2000円ぐらいの費用で行われていることが多く、数が多ければ多いほど費用は高くなってきます。

 

また、施術前の初診料や手術後のケア用の化粧品などの料金がかかったりします。

 

通院の回数に関してもどれぐらいのぽつぽつがあるかにもよって変わります。
皮膚への負担を考えている為か、1度の手術でに取り除く量が5個や10個のようになっています。

 

そのため、ぽつぽつと数が多くなっているのであれば2回や3回のように通院する必要があります。
数が少なければ初診日と手術日の2日ですむこともあります。

 

予防の為、手術をしても化粧品によるケアが必要

 

年寄りイボやスキンタッグは手術をして除去をしたらそこで終わりな訳ではありません。

 

ウイルス性のイボと原因は異なりますが、再発をしやすいって点が共通しているからです。
そのため、除去をした後に関しても自宅でのケアと同じように化粧品などを使って予防をしていくのが大事となります。

 

肌力を高め年寄りイボが発症しづらいように肌力を高めることが重要となるのですね。
病院での手術後に関しては化粧品を渡している病院も多いので、毎日ケアをしていくようにしましょう。

 

あなたの発症した年寄りイボは、おそらく数は1つではなくどんどん増えて沢山できているのではないかと思います。
そこからも再発がしやすい肌トラブルで予防が大事なのは実感できているのではないでしょうか。

 

年寄りイボを自分で取る方法のまとめ

解説する女性

 

イボの中でも有名なのがウイルス性イボです。
年寄りイボに関してはウイルスが原因ではなく、肌の問題となるので他人に移ってしまうようなことはありません。

 

しかし、ウイルス性イボは他人に移してしまうだけでなく、それを知っている人は非常に多いです。

 

他人からすると年寄りイボの知識なんて一切ないのがほとんどです。
そのため、見た目で気持ち悪いと思われるだけでなく、うつされたくないと友人と疎遠になってしまうこともあります。

 

何事もそうですが症状が悪化をする前に早めにケアをした方が治りも早いです。
放置するのではなく、年寄りイボを取ろうと思った今こそケアをしてみる決意をするのがおすすめとなります。

 

page top